ソナタ形式各論

ソナタ・アレグロ形式とは|ソナタ形式が別の名前で呼ばれる理由

ソナタ・アレグロ形式とは、「ソナタ形式」という器楽曲に見られる楽曲の形式の、別の呼び方のこと。

ソナタ・アレグロ形式と呼ばれる理由は、ソナタ形式に一般的に、テンポを速く演奏することを示すアレグロの演奏記号が用いられるからである。

この点については、門馬直衛「音楽形式」で言及されているので引用します。

ソナータ形式(獨、Souatenform, 英、Sonata-form)は、クラシック・ソナータの重要な楽章に用いる形式である。

――中略——

なお、ソナータ形式の第一楽章は、一般に、速いので、これに用ひるソナータ形式は、ソナータ・アレグロ形式ともいはれるが、この名前も余りよくない。ソナータ形式は、緩徐な楽章にも用いられるからである。

――門馬直衛「音楽形式」(音楽之友社) 1949年、p. 137より抜粋。

この記述からも、ソナタ形式は速度が速い場合が多いからという理由で、ソナタ・アレグロ形式と呼ばれていることがわかります。

しかしながら、ソナタ形式はすべての場合において速度が速いわけではなく、時には緩やかな速度の楽章に用いられることもあるという点もあわせておさえておきましょう。

「ソナタ形式」の詳しい内容については、以下のページをご参照ください。

ソナタ形式とは?イメージ画像
【提示部?主題?転調?】ソナタ形式とは?意味を簡単にわかりやすく 提示部?展開部?主題?転調?だから何?そんな方向けに【ソナタ形式とは?】を映画や小説に例えてわかりやすく解説! ...

【本記事は参考になりましたか?】

少しでもお役に立てたのであれば、気軽にシェアしていただけるとうれしいです♪