未分類

半音と全音とは│詳しい意味と使用する場面について

全音半音の画像

【半音とは】

等間隔に聞こえるように並べられた12の音(①ド ②ド♯ ③レ ④レ♯ ⑤ミ ⑥ファ ⑦ファ♯ ⑧ソ ⑨ソ♯ ⑩ラ ⑪ラ♯ ⑫シ)の、となり合う音同士の距離のこと

たとえば、ドとド♯、ミとファ、シとシ♭などの関係が、半音にあたる。

【全音とは】
半音(1オクターブを12に均等に分割した音)2つ分離れた、2つの音の距離のこと

たとえば、ドとレ、ミとファ♯、ラ♭とシ♭などの関係が、全音にあたる。

本記事では、「半音」「全音」それぞれの意味と、これらの言葉がどのような状況で使用されるのかについて解説しています。

半音とは

音楽の世界では、ある音が1オクターブ上の同じ音に到達するまでに、全部で12の音が定められています。

たとえば、ドから1つ高いドまでには、低い順に「ド ド♯ レ レ♯ ミ ファ ファ♯ ソ ソ♯ ラ ラ♯ シ」の12の音があります。図で示すと、以下のようになります。

鍵盤と音名

現代の音楽においては、ほとんどの場合、となり合う音同士の距離が等間隔に聞こえるように各音の高さが設定されています

このように等間隔に並べられた12の音の、となり合う音同士の距離(=音程)のことを「半音」といいます

ここで言うとなり合う音には、ピアノでいう黒鍵を含みます。そのため、たとえばドとド♯、ド♯とレ、レとレ♯、レ♯とミなどはそれぞれ半音ずつ離れています。

音程(=2つの音の距離)で注意が必要なのは、間に黒鍵を含まない音の存在です。

ミとファ、シとドの間には、黒鍵がありません。それでも、これらの音はとなり合う音同士なので、その距離は半音です。

以下は、半音の関係を図にしたものです。青い弧でつながった音同士が半音の関係にあります。

半音の図

全音とは

楽音(=音楽に用いられる高さの音)のとなり合う音同士のことを「半音」と呼ぶのはここまでで確認した通りです。

そして、「全音」とは、半音2つ分の距離の音のことを指します。

半音の時と同様に、全音を考える際にも、白鍵だけでなく黒鍵も1つの半音として考えます。

たとえば、ドとレ、ド♯とレ♯、ミとファ♯、シ♭とドは、それぞれ全音の関係にあります。

以下は、全音の関係を図にしたものです。赤い弧でつながった音同士が全音の関係にあります。

全音の図

2つ音の距離を表すのに用いる

ここまで半音と全音それぞれの意味について見てきましたが、これらの言葉はどのように使われるのでしょうか。言い換えれば、何のためにこのような言い方が存在するのでしょうか。

その答えは、「2つの音の距離を表すため」です。

現代の音楽では、1オクターブの中の12の音を楽音(=音楽に使用する音)として使用します。

これらの12の音のうち、ある音から別のある音までの距離がどのくらい離れているのかを表すために、「半音」「全音」という言葉が使われるのです。

たとえば、以下のような場合によく「半音」「全音」という言葉が使われます。

変化記号がついた場合

変化記号がついている部分については、「半音」や「全音」の言葉が用いられます

変化記号とは、♯(シャープ・半音1つ分上げる)や♭(フラット・半音1つ分下げる)、♯♯(ダブルシャープ・半音2つ分上げる)、♭♭(半音2つ分下げる)など、音符の音の高さを変化させる記号のことを指します。

たとえば、ソルフェージュなどでは「そこは半音下がっています」のように変化記号を半音という言葉を用いて説明するといった状況が発生します。

各度数の大きさを表す場合

楽音(=音楽で用いられる12の音)について、2つの音の距離(=音程)を表すときには、度数(単位:度)が用いられます。

そして、この度数が具体的にどのくらい離れているのかを表す際には、「半音」「全音」という言葉を使います

たとえば、変化記号のつかないドとミの音程は、長3度と表現されます。そして、長3度とは具体的にどのくらいの距離なのかを表すと、「全音2つ分」と表現されます。

同様に、変化記号のつかないドとソの音程は、完全5度と表現されます。完全5度の具体的な距離は、「全音3つと半音1つ分」のように表現されます。

 

以上のように、「半音」「全音」という言葉は、音楽を学んでいく上で日常的に使用されるので、その意味を正しく把握して使いこなせるようにしておきましょう♪