ソナタ形式

【提示部?主題?転調?】ソナタ形式とは?意味を簡単にわかりやすく

ソナタ形式とは?イメージ画像

提示部?展開部?主題?転調?だから何?そんな方向けに【ソナタ形式とは?】を映画や小説に例えてわかりやすく解説!

【 ソナタ形式の意味 】
歌詞のないソナタ(=楽器のみで演奏される曲)にストーリーを生み出すために用いられる、楽曲の構成の「型」のこと

楽曲にドラマティックな物語を生み出すために、音楽における"登場人物"に当たる「主題」が変化し、また、"ターニングポイント"に当たる「転調」が用いられるのが特徴である。

ベートーヴェンの「運命」やチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」など、クラシックコンサートで定番の曲の多くには、「ソナタ形式」という作曲技法が使われています。

ただ、ソナタ形式を調べても、「提示部・展開部・再現部からなる…」などと説明されていて、それに何の意味があるのか なかなか理解できないものです。

結論だけを端的に述べるとすれば、ソナタ形式とは、歌詞のないソナタ(=楽器のみで演奏される曲)にストーリーを生み出すために用いられる、楽曲の構成の「型」のことです。

映像作品や小説などに様々なストーリーがあるように、西洋音楽にも元気の出るもの、宗教的なもの、悲惨なものなど、様々な音によるストーリーがあります。

実は、これらのドラマは、物語の登場人物に当たる「主題」の変化と、物語のターニングポイントに当たる「転調」によって生み出されているのです。

ぜひこの記事でソナタ形式のイメージをつかみ、これまで以上にクラシック音楽を楽しめるようになっていただければ本望です!

ソナタ形式とは?意味と意義をわかりやすく簡単に

ドレミ
ドレミ
まずは、ソナタ形式とはどのようなもので、何のためにあるのかを確認するよ♪

クラシックの歴史において、歌が主役の楽曲は「カンタータ」と呼ばれるのに対して、楽器によって演奏される楽曲は「ソナタ」と呼ばれ、区別されてきました。

ソナタのイメージ画像

ソナタは、ハイドンやモーツァルト、ベートーヴェンなどの作曲家たちによって楽曲の形式が確立されていきます。

そして、これらのソナタを分析すると、ある共通の構成方法が見つかったのです。

このソナタに共通して見られる構成方法が、「ソナタ形式」(英:Sonata Form)と呼ばれるものです。

ソナタ形式の基本の構造は?

ドイツの作曲家であり音楽理論家のマルクスという人物は、ハイドン・ベートーヴェン・モーツァルトなどのソナタ(=器楽曲=)の第1楽章に、共通の構成方法があることを指摘しました。

そして、このソナタの第1楽章に共通する構成方法は、「ソナタ形式」と呼ばれるようになりました。

ソナタとソナタ形式

ソナタ形式の構造は、大きく分けて3つの部分から成ることがわかりました。

これらの3つの部分は、それぞれ「提示部」「展開部」「再現部」と呼ばれます。

ソナタ形式の一般的な構造

ここまでは、ソナタ形式に関する説明で必ずと言っていいほど触れられている部分です。

しかしながら、ソナタ形式が3つの部分に分かれているからと言って、それにどのような意味があるのでしょうか?

ソナタ形式の目的は「ストーリー」づくり

ソナタ形式が3部構成になっている理由は、「音楽にストーリーをつくり出すため」です。

小説や映画の例で考えてみましょう。

たとえば、小説などの文章によく使われる、「起承転結」という構成方法は、誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?以下は、「桃太郎」の起承転結の例です。

起 桃から桃太郎が生まれた
承 鬼が島で鬼が暴れているので、仲間を集めて
転 鬼が島に乗り込み、退治する
結 金銀財宝をもって村へ帰還する

――StoryMaker「起承転結の例 よくわかる例文10個」より抜粋

同じように、映画には「三幕構成」と呼ばれる構成方法があります。

三幕構成とは、「設定」「対立」「解決」という3つの部分で構成することによって、物語にドラマを生み出す方法です。以下は、「アナと雪の女王」の三幕構成の例です。

1) 姉のエルサ(声:イディナ・メンゼル)と妹のアナ(声:クリステン・ベル)は、王家の美しい姉妹で、仲が良かったが、エルサの魔法でアナが危険な目に遭い、エルサはアナを避けることとなった。
2) エルサは戴冠式で、アナの婚約に反対したことで、アナと口論になる。そのことで人々に自分の魔力を知られてしまったため、ショックを受けたエルサは雪深い山奥に閉じこもってしまう。その一件で、王国は雪深い冬に閉ざされた。
3) アナは、クリストフと雪だるまのオラフに助けてもらいながら、エルサとのわだかまりを解き、王国には再び平和が戻った。
――1分でわかるネタバレ『「アナと雪の女王」あらすじ・ネタバレ』より抜粋

「起承転結」や「三幕構成」に共通するのは、文章や映画のストーリーを盛り上げるための手段である、ということです。

そして、ソナタ形式は、起承転結や三幕構成のように、音楽にストーリーを生み出すための手段なのです。以下のようなイメージです。

ソナタ形式とストーリー構成の画像

ところで、小説や映画には、主人公やセリフなど様々な要素が組み合わさってストーリーをつくり出します。

ところが、ソナタには楽器しか使われないため、「音」のみでストーリーを表現しなければなりません。

この「音のストーリー」をつくり出す役割を果たすのが、ソナタ形式なのです。

ストーリーをつくるのは「主題」と「転調」

では、キャラクターや言葉などが登場しないソナタ形式では、具体的にどのようにしてストーリーを生み出しているのでしょうか?

実は、ソナタ形式にストーリーを生み出す要素は2つあります。

それは、「主題」「転調」と呼ばれるものです。

「主題」とは、簡単に言うと、まとまったメロディのことであり、物語の「登場人物」に当たるものです

また、「転調」とは楽曲の「調」が変化することです。

「調」についてはのちほどより詳しく説明しますが、カラオケで「キーを上げる」などという時のあのキーのことです。

ここでは、楽曲のベースとなる高さの音、くらいで捉えてください。

調が変わる(=転調)と雰囲気(=調性)が変わります。

そして、この「転調」は、物語で言うところの「ターニングポイント」に当たるものです

つまり、ソナタ形式とは、登場人物に当たる「主題」と、ターニングポイントに当たる「転調」の2つの要素によって、音楽にストーリーを生み出すための方法のことなのです。

したがって、「主題」の変化と「転調」の流れを追えるようになれば、有名なソナタ、ひいてはクラシック音楽を何十倍も楽しむことができるようになります。

この後の章では、ソナタ形式の構造や「主題」「転調」などについてもっと詳しく、そして、できるだけわかりやすく簡単に説明していきます。

ぜひご一読いただき、クラシック音楽のエッセンスを理解していただければ何よりの幸せです!

コンサートをチェック!

1 2 3 4 5 6 7 8 9