楽典

音階(おんかい)とは│音楽用語「音階」の意味をわかりやすく

音階のイメージ画像

【音階】
音階とは、「ド・ド♯(レ♭)・レ・レ♯(ミ♭)・ミ・ファ・ファ(ソ♭)・ソ・ソ(ラ♭)・ラ・ラ(シ♭)・シ」の12種類の高さの音のうち、楽曲の中心となる音だけを抜き出して低い音から高い音へと順番に並べたもののこと。スケール(scale)とも呼ばれる。

音階は、楽曲の中心となる音を整理し把握するために用いられる。

「音階:ある音を起点に、1オクターブ上の同音に達するまでの、特定の秩序に従って配列された音列のこと」―楽典などの本を読んでいても、説明がむずかしくて初学者にはピンときません。

そこで本記事では、音階とは何で、何のためにあるのかをできるだけわかりやすく解説します。

音階の意味とは

音階とは、西洋音楽の12の高さの音のうち、楽曲のベースとなる音を抜き出して低い音から高い音へと順番に並べたもののことです。

まず前提として、西洋音楽では、1オクターブの範囲内で「ド・ド♯(レ♭)・レ・レ♯(ミ♭)・ミ ファ・ファ(ソ♭)・ソ・ソ(ラ♭)・ラ・ラ(シ♭)・シ」の12種類の高さの音があります。

12の楽音と音階

ところが、基本的には、楽曲の中で12種類の全ての音を同じように使用するわけではありません。

楽曲ごとに、よく使用する音が異なるのです。

その理由は、12種類の音がそれぞれ同じように調和するわけではないからです。

たとえば、ドとミと、ドとラ♯では、調和の度合いが異なります。

そのため、音楽では、主役となる音(=主音)を定め、それらと調和する音を中心に楽曲を作り上げていきます。

音階とは、12種類の高さの音のうち、楽曲のベースとなる音だけをピックアップして低いものから高いものへと順番に並べたものです。

たとえば、音楽学習者がよく出会う「ハ長調」では、上記の12の音のうち、「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」の7つの音を中心に楽曲がつくられます。この7つの音を、「ハ長調の音階」と呼びます。

音楽は、中心となる音の組み合わせによって、雰囲気(=調性)が変化します。

つまり、中心となる音を何にするかが、音楽全体の雰囲気に大きな影響を与えるのです。

そして、音階は、中心となる音を整理して把握するうえで、重要な意味を持つのです。

西洋音楽では、主として明るい雰囲気の「長音階」と、悲しい雰囲気の「短音階」が使用されます。

音階の詳しい種類については、以下の記事をご参照ください。

【このページは参考になりましたか?】

少しでもお役に立てたのであれば、気軽にシェアしていただけるとうれしいです♪

ABOUT ME
DoReMi
音楽系教育機関で音楽家の学習や演奏活動を支援しながら、ピアノやソルフェージュなど自身の音楽活動を継続しています。音楽学習者がつまずきやすい音楽の概念を読んで理解できるサイトを創りたいという思いから、「DoReMiOnline」を立ち上げました♪