未分類

音名「ハニホヘトイロハ」について

いろは歌
今回のテーマ

日本音名「ハニホヘトイロハ」について

音楽の場面において、多くの場合音の名前には「ドレミファソラシド」の呼び名が使われます。しかしながら、日本の音楽シーンでは、「ハ長調」「ホ短調」など、「ハニホヘトイロハ」という音の呼び名も少なからず見かけます。

本記事では、この「ハニホヘトイロハ」の正体と、「ドレミファソラシド」とどのように対応するのかをできるだけわかりやすく解説していきます。

音名の意味

音楽では、高さの異なる音を複数並べて、1つの曲を作ります。この、高さが異なる各音は、「ドレミファソラシド」などの名称がつけられています。

こういった高さの異なるそれぞれの音の名前のことを「音名」と言います。音名は、その国の言語に合った形で、それぞれ独自に発展してきました。

「ハニホヘトイロハ」の正体

音楽の授業などでは、音の名前を「ドレミファソラシド」で習います。ところが、この音名は日本独自のものではありません。「ドレミファソラシド」は、もともとイタリア語の音名なのです。

日本語では、異なる形の音名が用いられていました。それこそが、「ハニホヘトイロハ」だったのです。つまり、「ハニホヘトイロハ」は、「ドレミファソラシド」の日本語バージョンなのです。

日本語音名とイタリア語音名の対応関係

続いて、日本語の音名とイタリア語の音名がどのように対応しているのかを見ていきましょう。

「ハ ニ ホ  ヘ  ト イ ロ ハ」
「ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド」

それぞれが以上のように対応しています。この関係を、ピアノの鍵盤上で見てみましょう。

ドレミファソラシド
ハニホヘトイロハ

図からもわかるとおり、「ハ」と「ド」、「ニ」と「レ」、…中略…「ロ」と「シ」がそれぞれ対応しています。

日本語音名に変化記号がつく場合

最後に、日本語音名「ハニホヘトイロハ」に変化記号(=シャープ「#」やフラット「♭」のこと)がついた場合の呼び方について確認しておきましょう。

シャープ(#)には「嬰」をつける

日本語音名にシャープ(#)がつく場合、頭に「嬰(えい)」をつけます。たとえば、「ハ」に#がついたら「嬰ハ」、「ト」についたら「嬰ト」のように呼びます。

これをさらに半音上げる(=#を加える)場合、頭に「重嬰(じゅうえい)」をつけます。たとえば、「ハ」に#が2個ついたら「重嬰ハ」、「ト」についたら「重嬰ト」のように呼びます。

フラット(♭)には「嬰」をつける

日本語音名にフラット(♭)がつく場合、頭に「変(へん)」をつけます。たとえば、「ハ」に♭がついた「変ハ」、「ト」についたら「変ト」のように呼びます。

これをさらに半音下げる(=♭を加える)場合、頭に「重変(じゅうへん)」をつけます。たとえば、「ハ」に♭が2個ついたら「重変ハ」、「ト」についたら「重変ト」のように呼びます。

日本語音名の変化を表にすると

日本語音名とイタリア語音名の対応関係や、日本語音嬰に変化記号がついた場合の名称を表にすると、以下のようになります。ご確認・ご活用ください。

イタリア語音名 ファ
日本語音名
嬰ハ 嬰二 嬰ホ 嬰へ 嬰ト 嬰イ 嬰ロ
♯♯ 重嬰ハ 重嬰ニ 重嬰ホ 重嬰へ 重嬰ト 重嬰イ 重嬰ロ
変ハ 変ニ 変ホ 変へ 変ト 変イ 変ロ
♭♭ 重変ハ 重変ニ 重変ホ 重変へ 重変ト 重変イ 重変ロ

日本語音名「ハニホヘトイロハ」まとめ

日本語音名に関する解説は以上です。「ハニホヘトイロハ」の正体や、イタリア語音名との対応関係などについてご理解いただけたのであれば幸いです。

本記事のまとめを以下に記載しておきますので、ポイントをご確認ください♪

本記事のまとめ

  • 「ドレミファソラシド」がイタリア語音名であるのに対して、「ハニホヘトイロハ」は日本語音名である。
  • 「ハニホヘトイロハ=「ドレミファソラシド」という順番で対応する。
  • 日本語音名に、#がついたら「嬰」を、♭がついたら「変」を頭につける