音楽用語

ピアノの主旋律と副旋律とは|主旋律と副旋律の違い

主旋律と副旋律のイメージ画像
今回のテーマ

ピアノ演奏における主旋律と副旋律という考え方について学ぶ

今回は、ピアノの「主旋律」と「副旋律」についてです。

ピアノ演奏では、右手と左手で2つの旋律(=メロディ)を奏でます。これらはそれぞれ、主旋律、副旋律と呼ばれます。

この、主旋律と副旋律の違いを意識にすることによって、ピアノ演奏の表現がより豊かになります。

本記事では、主旋律と副旋律の違いと、それらをどのように弾き分ければいいのかについて、解説していきます。

ピアノ演奏は主旋律と副旋律に分かれている

ピアノ楽曲には、2つのメロディがあります。ほとんどの場合、それらは「主旋律」と「副旋律」に分かれています。次の楽譜を見て見ましょう。

楽譜の画像

この楽譜は、下の五線と上の五線がセットになっています。上のメロディと下のメロディが同時に弾かれるということです。

このように、ピアノ楽譜では低音部から高音部までを2つの五線を上下に並べて表します。ピアノ楽譜では、上の五線が高音を、下の五線が低音を表します

基本的に、楽曲では高音がメインのメロディの役割を果たします。この、メインとなるメロディのことを「主旋律」と言います。

一方で、低音部は基本的に、主旋律を引き立てる役割を果たします。この、主旋律を引き立てる役割を果たすメロディのことを「副旋律」と言います。副旋律は、しばしば「伴奏」とも呼ばれます。

ピアノは右手が主旋律で左手が副旋律

前章では、ピアノの楽曲が高音の主旋律と低音の副旋律に分かれていることを確認しました。

続いて、ピアノの鍵盤と、高音と低音の位置関係について見ていきましょう。

ピアノの鍵盤では、左に行くほど音が低くなり、右に行くほど音が高くなります

鍵盤と音の高さ

ピアノの左側に低音があるため、低音は左手で演奏することになります。同様に、右側に高音があるため、高音は右手で演奏することになります。

つまり、ピアノ演奏では、左手が副旋律を演奏し、右手が主旋律を演奏するのが普通であるということです。

主旋律と副旋律の音のバランス

最後に確認しておきたいのは、「主旋律と副旋律の音のバランス」です。

通常、楽曲ににおいては主旋律が主役です。副旋律は主旋律を引き立てるための存在です。

この主旋律と副旋律を同じような音の大きさ・強さで演奏してしまうと、主旋律と副旋律が同じような存在感になってしまいます。

そこで、ピアノ演奏では、主旋律を大きな音で演奏し、副旋律を主旋律と比べて小さい音で演奏します

言い換えると、右手は大きめの音で、左手は右手より抑えめの音で演奏するということです。

ピアノ演奏では基本的で大変重要な考え方ですので、これからぜひ意識して演奏してみてください。

ところで、ピアノは同じ強さで弾くと、低音の方が大きく、高音の方が小さくなるようにできています

そのため、何も考えずに弾くと、副旋律が主旋律を飲み込んでしまうくらい大きい音になってしまいます。

副旋律を(=左手)を弱く弾くためには、繰り返し練習することが不可欠です。以下の記事では、副旋律の音量を小さくするための考え方についてまとめているので、あわせてご参照ください。

小さな左手
ピアノ演奏で左手を小さく弾くための3つの意識 「ピアノを弾くときに、左手の音量を小さくしたい!」 この記事にたどり着いたあなたは、そんな悩み...

ピアノの主旋律と副旋律まとめ

ピアノ演奏での主旋律と副旋律に関する解説は以上です。最後におおまかにポイントをまとめておきますので、ご確認ください。

本記事のまとめ

  • ピアノ演奏には、メインとなる「主旋律」と、引き立て役の「副旋律」がある。
  • 主旋律は右手で、副旋律は左手で演奏する。
  • 副旋律は主旋律より小さい音で演奏する。

↓大人の方にもおすすめな、スケジュール調整自由、入会時に楽器がもらえる音楽教室はこちら↓


【本記事は参考になりましたか?】

少しでもお役に立てたのであれば、気軽にシェアしていただけるとうれしいです♪