未分類

幹音(かんおん)とは│五線上での位置を確認

幹音のアイキャッチ画像

【幹音】
幹音とは、1オクターブの範囲内にある「ド ド♯(レ♭) レ レ♯(ミ♭) ミ ファ ファ(ソ♭) ソ ソ(ラ♭) ラ ラ(シ♭) シ」の12の楽音(=音楽に用いられる音)のうち、変化記号(=♯、♭、♯♯、♭♭)のつかない7つの音「ド レ ミ ファ ソ ラ シ」のこと。鍵盤上では、白鍵の音のことを指す。

派生音(変化記号のついた楽音のこと)と対をなす言葉である。

本記事では、幹音の詳しい意味と、五線上のどの音に当たるのかを図を用いながら確認していきます。

目次【押すと移動】

幹音の意味

1オクターブという言葉があります。これは、ある音から、1つ高い、もしくは1つ低い同じ音まで距離のことを指します。

たとえば、ドから1つ上のド、もしくは1つ下のドまでは、1オクターブです。同様に、ミ♭から1つ上のミ♭、もしくは1つ下のミ♭までは、1オクターブです。オクターブを図にすると以下ののようになります。
1オクターブ
1オクターブの中には、重複する音を除くと、「ド ド♯(レ♭) レ レ♯(ミ♭) ミ ファ ファ(ソ♭) ソ ソ(ラ♭) ラ ラ(シ♭) シ」の12の楽音(音楽で用いられる音)が存在します。(以下の画像参照)
12の楽音画像これらの12の楽音のうち、楽譜上で変化記号がついていない「ド レ ミ ファ ソ ラ シ」の7つの音のことを、「幹音」と呼びます

上図の①③⑤⑥⑧⑩⑫の7つの音が幹音にあたります。これはすなわち、鍵盤の白鍵上の音のことを幹音と呼ぶ、と言い換えることができます。

その他の、変化記号がついた音のことを「派生音」と呼び、幹音と区別します。

このような言い方をする理由は、幹音は文字通り五線上の「幹」となる音であり、単体でも五線上に書くことができますが、派生音は幹音に変化記号をつけないと存在できない音であり、幹音から「派生」した音であるからです。

幹音と五線

五線上には、変化記号がつく音とつかない音とが混在しています。このうち、変化記号のつかない音のことを幹音と呼びます。

幹音を五線上に表すと、下図の7つの音になります。

音階の画像

このように、幹音は五線上で、変化記号がなくても単体で存在する「幹」のような存在です。

一方で、変化記号である♯(シャープ)や♭(フラット)がついたものを派生音と呼び、幹音と区別します。

派生音を五線上に表すと、以下のようになります。

派生音(嬰) 派生音(変)

上図からわかるとおり、派生音は幹音に変化記号がつく(=派生する)ことでしか存在できない音なのです。

以上のように、五線上でそれぞれの音を確認することで、各音がなぜ「幹音」や「派生音」と呼ばれるのかが理解しやすくなります。

また、頻出ではありませんが、♯♯(ダブルシャープ)や♭♭(ダブルフラット)のように変化記号が2つついたものも、幹音に変化記号がついているという意味で派生音に分類されます。

【本記事は参考になりましたか?】

少しでもお役に立てたのであれば、気軽にシェアしていただけるとうれしいです♪