未分類

旋律短音階(せんりつたんおんかい)とは│旋律的短音階

旋律短音階のイメージ画像

【旋律短音階】
旋律短音階とは、「ド ド♯(レ♭) レ レ♯(ミ♭) ミ ファ ファ(ソ♭) ソ ソ(ラ♭) ラ ラ(シ♭) シ」の12の楽音のうち、主音(=曲の主役となる音)と、その音から「全音・半音・全音・全音・全音・全音・半音」の順で進んだ7種類の音を並べたもののこと

自然短音階に「導音」を組み込むために、第7音を半音上げたものが和声短音階である。この和声短音階の第6音と第7音との距離の大きさを調整するために 、第7音に加えて第6音も半音上げたものが、旋律短音階である。

「導音」は、主音へと上行していく性質を持つが、下行する際にはその限りではない。そのため、旋律短音階の形は、上行形の時にのみ用いられ、下行形の時には自然短音階の形が用いられる。

「旋律短音階」の詳しい意味や、「自然短音階」「和声短音階」との違いについては、以下の「短音階」のページで詳しく解説しています。あわせてご参照ください。

短音階のイメージ画像
短音階とは│自然短音階・和声短音階・旋律短音階の違い 【短音階】 短音階とは、「ド ド♯(レ♭) レ レ♯(ミ♭) ミ ファ ファ(ソ♭) ソ ソ(ラ♭) ラ ラ(シ♭) シ」の1...