未分類

長音階(ちょうおんかい)とは│意味とルールを解説

長音階イメージ画像

【長音階】
長音階とは、「ド ド♯(レ♭) レ レ♯(ミ♭) ミ ファ ファ(ソ♭) ソ ソ(ラ♭) ラ ラ(シ♭) シ」の12の楽音(=音楽で使用される音)のうち、主音(=曲の主役となる音)と、その音から「全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音」の順で進んだ7種類の音を並べたもののこと

12の全ての楽音が完全に調和するわけではないため、楽曲をつくるために、中心となる主音と、主音と調和する音を合計7つ抜き出したものである。

本記事では、「長音階」の意味について詳しく見た後に、長音階は具体的にどのような音階をつくるのかを確認していきます。

目次【押すと移動】

長音階の意味

まず、「音階」とは、ある音から1オクターブ上の同じ名前の音(例:”ド”と1オクターブ高い”ド”)までの間にある、「ド ド♯(レ♭) レ レ♯(ミ♭) ミ ファ ファ(ソ♭) ソ ソ(ラ♭) ラ ラ(シ♭) シ」の12の楽音(=音楽に使用される音)のうちのいくつかの音を、あるルールに従って並べたもののことを言います。

音階の詳細については、以下をご参照ください。

https://yamahacantabile.com/scale/

西洋音楽で使用される楽音は、「ド ド♯(レ♭) レ レ♯(ミ♭) ミ ファ ファ(ソ♭) ソ ソ(ラ♭) ラ ラ(シ♭) シ」の12種類がありますが、それらがすべて同じように調和するわけではありません

そのため、12の楽音のうちからいくつかの音だけをピックアップし、それらの音を中心に楽曲をつくっているのです。この時、曲のメインとなる音(=主音)と、それらと調和する音を音の高さが低い順に並べたものを「音階」と呼ぶのです。

そして、「長音階」は音階の一種です。長音階とは、主音(=曲の主役となる音)と、その音から「全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音」の順で進んだ7種類の音を並べたもののことです。

半音とは、12の楽音のとなり合う音同士の距離のことです。全音は、半音2つ分の距離のことです。

言い換えると、長音階とは、主音から「2・2・1・2・2・2・1」ずつ進んだ音の配列と言うこともできます。

説明だけではイメージが湧きにくいので、主要な長音階を、鍵盤図と楽譜上でそれぞれ見ていきましょう。

長音階の具体例

長音階の意味について確認したので、長音階の並びについて、具体例を見ながら確認していきましょう。

以下は、長音階の一例です。長音階とは、主音(=曲の主役となる音)と、その音から「全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音」の順で進んだ7種類の音を並べたもののことでしたね。

全音階の画像

今回は、主音が「ド」の音です。ドの音から半音進むとド♯ですが、さらに半音進むと全音進んだことになります。最初は全音進むので、ドの次の音は、「レ」になります。同様に全音進むと、レの次の音は「ミ」です。

ここまで全音→全音と進んできたので、次は半音です。ミのとなりを見ると、黒鍵がないため、半音進むと「ファ」の音になります。

同じ要領で進んでいくと、「ド」を主音とする音階は、おなじみの「ド レ ミ ファ ソ ラ シ (ド)」であることがわかります。

 

続いて、「レ」を主音とする長音階について見ていきましょう。レを主音とする長音階(=ニ長調)は、以下の画像のようになります。

ニ長調の音階

まず、主音は「レ」です。レの音から半音進むとレ♯ですが、さらに半音進むと全音進んだことになります。最初は全音進むので、レの次の音は、「ミ」…です。

同様に全音進むと、ミの次の音は「ファ」…ではなく「ファ♯」です。理由は、ミトファの間隔が半音しかないからです。

ここまで全音→全音と進んできたので、次は半音です。ファ♯から半音進むと、「ソ」の音になります。

同じ要領で進んでいくと、「レ」を主音とする音階は、「レ ミ ファ♯ ソ ラ シ ド♯ (レ)」であることがわかります。

このように、「レ」を主音とすると、「ファ」と「ド」に変化記号♯がつきます。実は、長音階は、「ド」以外を主音とすると音階の中に♯や♭などの変化記号がつくのです。

音階を覚えていく際に、まずは、長音階の「全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音」や短音階の並びなど、ルールを覚えて再現できるようになりましょう。最終的にはそれぞれの主音につく変化記号の種類や数などを暗記できるようになるといいですね。

【本記事は参考になりましたか?】

少しでもお役に立てたのであれば、気軽にシェアしていただけるとうれしいです♪