未分類

ドイツ語の音名について解説します。

ドイツ語音名
今回のテーマ

ドイツ語の音名について学ぶ

今回は、ドイツ語の音名についてです。
学校の音楽の授業では、「ドレミファソラシド」という音の呼び方で習うことが多いですよね。ところが、これはイタリア語の呼び方なのです。

音楽を学んでいると、ドイツ語での音名が頻繁に用いられます。

たとえば、ソルフェージュの先生は、当然のように調や音名をドイツ語で呼びます。指揮科を出た同僚も、当たり前のように「この曲はG durだね~。」などとドイツ語の音名を会話にはさんできます。

ドイツ語の音名を知らないと、音楽家たちの会話についていけないことも少なくないのです。

本記事では、意外と音楽家たちの間で当たり前のように使われているドイツ語音名について、できるだけわかりやすく解説します。

音名とは

音楽では、高さの異なる音を複数並べて、1つの曲を作ります。この、高さが異なる各音は、「ドレミファソラシド」などの名称がつけられています。

こういった高さの異なるそれぞれの音の名前のことを「音名」と言います。音名は、イタリア・ドイツ・日本など、その国の言語に合った形でそれぞれ独自に発展してきました。

ドイツ語の幹音名(♯や♭がつかない)

音名の中でも、シャープ(#)やフラット(♭)といった変化記号がついていない音のことを「幹音」と呼びます。まずは、ドイツ語での幹音の名前(=幹音名)を確認しておきましょう。

ドイツ語の幹音名とイタリア語音名の対応

次の表では、イタリア語の音名「ドレミファソラシド」が、ドイツ語ではどのように呼ばれるかをまとめています。

イタリア ファ
ドイツ C D E F G A H C

それぞれの音の読み方をカタカナで表すと、C「ツェー」、D「デー」、E「エー」、F「エフ」、G「ゲー」、A「アー」、H「ハー」です。

ドイツ音名ではAの次はBではない

ここで注意が必要なのは、ドイツ語の音名の順番です。ラは「A」、ドは「C」と表されるため、一見するとシは「B」と表記されそうです。

ところが、AとCの間には「H」が入ります。「B」はあとで出てくる、半音下がったシを表す時に使われます。これは、ドイツの音楽の歴史上の理由があると言われています。

もともと、白鍵上の音では「ファ」と「シ」の相性が良くなく、調和しづらい音程です。そのため、教会で歌われる聖歌などでは、ファと一緒に用いられるシは、半音下げて歌われることが多かったのです。

そのため、半音下げた(♭のついた)シには「B」が用いられ、変化記号のつかないシには「H」があてがわれるようになりました。

このように、音名の配列にある背景を知っておくと、覚えやすいですね♪

ドイツ語の派生音名(♯や♭がつく)

続いては、ドイツ語の派生音名について順に確認していきましょう。

派生音とは、上の幹音に♯や♭などの変化記号がついたものです。各派生音につけられた名称のことを、派生音名といいます。

ドイツ音名が半音上がった場合

ドイツ語の音名「CDEFGAHC」が、♯(シャープ)によって半音上がった場合の音名について見ていきましょう。以下は、イタリア音名とドイツ音名の対応を表にしたものです。

イタリア ド♯ レ♯ ミ♯ ファ♯ ソ♯ ラ♯ シ♯ ド♯
ドイツ Cis Dis Eis Fis Gis Ais His Cis

表からわかるとおり、CDEFGAHの各音のうしろに「is」をつければOKです。

それぞれの音の読み方をカタカナで表すと、Cis「ツィス」、Dis「ディス」、Eis「エイス」、Fis「フィス」、Gis「ギス」、Ais「アイス」、His「ヒス」です。

ドイツ音名が半音下がった場合

続いて、ドイツ語の音名「CDEFGAHC」が、♭(フラット)によって半音下がった場合の音名について見ていきましょう。

イタリア ド♭ レ♭ ミ♭ ファ♭ ソ♭ ラ♭ シ♭ ド♭
ドイツ Ces Des Es Fes Ges As B Ces

半音下げる場合、基本的にはCDEFGAHの各音のうしろに「es」をつけます。♭の場合は、いくつか単純にesをつけた形とは異なるものがあるので注意が必要です。

まず、AやEなどの母音まるのドイツ音名には、esではなく「s」だけをつけます。また、シの♭が「B」になるのは、幹音の部分で触れたとおりです。

それぞれの音の読み方をカタカナで表すと、Ces「ツェス」、Des「デス」、Es「エス」、Fes「フェス」、Ges「ゲス」、As「アス」、B「ベーです。

ドイツ音名が半音2つ分上がった場合

続いて、ドイツ語の音名「CDEFGAHC」に♯(シャープ)が2個ついた(半音2つ分上がった)場合の音名について見ていきましょう。

※幅の都合上、上のドは省略しています。

イタリア ド♯♯ レ♯♯ ミ♯♯ ファ♯♯ ソ♯♯ ラ♯♯ シ♯♯
ドイツ Cisis Disis Eisis Fisis Gisis Aisis Hisis

半音2つ分上げる場合、CDEFGAHの各音のうしろに「isis」をつけます。

それぞれの音の読み方をカタカナで表すと、Cisis「ツィスィス」、Disis「ディスィス」、Eisis「エイスィス」、Fisis「フィスィス」、Gisis「ギスィス」、Aisis「アイスィス」、Hisis「ヒスィス」です。

ドイツ音名が半音2つ分上がった場合

続いて、ドイツ語の音名「CDEFGAHC」に♭(フラット)が2個ついた(半音2つ分上がった)場合の音名について見ていきましょう。

※幅の都合上、上のドは省略しています。

イタリア ド♭♭ レ♭♭ ミ♭♭ ファ♭♭ ソ♭♭ ラ♭♭ シ♭♭
ドイツ Ceses Deses Eses Feses Geses Ases
Asas
Hisis
BB
Bes

半音2つ分下げる場合、基本的にはCDEFGAHの各音のうしろに「eses」をつけます。

♭♭の場合、♭の場合と同様に、単純にesesをつけた形とは異なるものがあるので注意が必要です。

AやEなどの母音まるのドイツ音名には、esesではなく「ses」だけをつけます。さらに、AはAsesだけでなく、「Asas」と呼ぶこともあります。

また、Hは半音2つ分下げた場合、なんと3種類も呼び方があるのです。「Heses」「BB」「Bes」の3つです。全て言えるようにしておきましょう。

それぞれの音の読み方をカタカナで表すと、Ceses「ツェセス」、Deses「デセス」、Eses「エセス」、Feses「フェセス」、Geses「ゲセス」、Ases「アセス」、Asas「アサス」、Heses「ヒセス」、BB「ベーベー」、Bes「べス」です。

ドイツ語音名まとめ

ドイツ語音名に関する解説は以上です。最後におおまかにポイントをまとめておきますので、ご確認ください。

本記事のまとめ

  • ドイツ語の音名は、「CDEFGAHC」である。
  • ♯には「is」、♭には「es」、♯♯には「isis」、♭には「eses」をうしろにつける。
  • ♭または♭♭の場合、A・E・Hは規則通りの形ではないので注意する。

【本記事は参考になりましたか?】

少しでもお役に立てたのであれば、気軽にシェアしていただけるとうれしいです♪