未分類

属調(ぞくちょう)とは│属調の意味をわかりやすく解説

属調のイメージ画像

【属調】
属調とは、ある調(=主調)の主音に対する属音を主音とし、主調と音階の長短(長調or短調)を同じくする調のこと

たとえば、「ド」を主音とした場合、属音は「ソ」です。この時、ドを主音とするハ長調に対して、その属音であるソを主音とするト長調は、属調という関係にあります。(ト短調は、長調と短調の違いがあるため、属調ではありません)

同様に、「シ」を主音とした場合、属音は「ファ♯」です。この時、シを主音とするロ短調に対して、その属音であるファ♯を主音とする嬰へ短調は、属調という関係にあります。(嬰へ長調は、長調と短調の違いがあるため、属調ではありません)

属音は、主音から半音7つ分高い方に進んだ音です。つまり、主音から半音7つ分上行した音(=半音5つ分下行した音)を主音とすれば、その調は属調になります

 

平行調や同主調、属調、下属調など、「調と調の相互関係」については以下の記事をご参照ください。

調の相互関係イメージ画像
調の相互関係|近親調・遠隔調、平行調・同主調、属調・下属調調と調の関係性には、いくつかの名称があります。 たとえば、関係の近い調同士のことを近親調、または、関係調と呼びます。そして、近親調...

また、そもそもの「調」に関する詳しい説明に関しては、あわせて以下の記事をご参照ください。

調のイメージ画像
調とは│調(音楽用語)の意味や種類、名称を決める規則について 【調】 調とは、楽曲における主音が何であり、長音階と短音階のどちらが用いられているかを表す言葉である。 楽曲は、主音(=...

【本記事は参考になりましたか?】

少しでもお役に立てたのであれば、気軽にシェアしていただけるとうれしいです♪