未分類

派生音(はせいおん)とは│変化の種類と注意点

【派生音】
派生音とは、五線上でもともと変化記号がついていない「ド レ ミ ファ ソ ラ シ」の7つの音(=幹音)に、変化記号{♯(シャープ)・♭(フラット)・♯♯(ダブルシャープ)・♭♭(ダブルフラット)}がついた音のこと

幹音(変化記号のつかない楽音のこと)と対をなす言葉である。

本記事では、派生音の詳しい意味と、五線上のどの音に当たるのかを図を用いながら確認していきます。

派生音の意味

幹音と呼ばれる言葉があります。これらは、変化記号がついていない楽音のことを指し、「ド ド♯(レ♭) レ レ♯(ミ♭) ミ ファ ファ(ソ♭) ソ ソ(ラ♭) ラ ラ(シ♭) シ」の12の楽音(音楽で用いられる音)のうち、楽譜上で変化記号がついていない「ド レ ミ ファ ソ ラ シ」の7つの音のことを指します。

一方で、五線上には幹音に変化記号{♯(シャープ)・♭(フラット)・♯♯(ダブルシャープ)・♭♭(ダブルフラット)}がついた音も存在します。このように、幹音に変化記号がついた音のことを「派生音」と呼びます

このような言い方をする理由は、幹音は文字通り五線上の「幹」となる音であり、単体でも五線上に書くことができますが、派生音は幹音に変化記号をつけないと存在できない音であり、幹音から「派生」した音であるからです。

派生音と五線

まずはじめに、幹音を五線上で確認しておきましょう。幹音とは、下図の7つの音を指します。

幹音の画像

♯や♭がついた音符の表記

続いて、変化記号である♯(シャープ)や♭(フラット)がついた派生音を画像で確認していきましょう。

下図のように、五線上に♯や♭がついた状態で書かれる音は派生音です。

派生音(嬰) 派生音(変)

もともと12の楽音は、となり合う音同士の距離が等間隔に聞こえるように1オクターブ(=ある音から2の倍数の高さ(振動数/Hz)の同じ音までの距離)を12等分した音です。

音符は、五線上では線上、もしくはその行間に書かれますが、これらは幹音の分の数しか用意されていません。

そのため、幹音ではない音に関しては、変化記号をつけることでしか五線上に書くことができないのです。

このように、必ず幹音から派生する(=変化記号がつく)形で書かれることが、派生音と呼ばれる所以なのです

変化記号が2つついた場合の表記

また、上述の♯や♭が1つついたものに加えて、♯♯(ダブルシャープ)や♭♭(ダブルフラット)のように変化記号が2つついたものも、派生音に分類されます。

♯♯はを五線上に書くと、以下の画像のようになります。♯を2つ書くよりも、画像中の記号に代えて書かれることがほとんどです。

♯♯画像

続いて、♭♭を五線上に書くと、以下の画像のように表されます。♯♯と違い、略記した形がないため、そのまま♭を2つ書きます。

♭♭画像

注意すべき派生音

派生音に関して、注意すべき点があります。それは、もともとの幹音から派生したものが、実質的に別の幹音を指すことがあるということです。

説明だけではわかりづらいと思いますので、以下の2つの画像をご覧ください。

ミ♯の画像

ド♭の画像上の画像(ミ♯とド♭)をそれぞれ鍵盤上で表すと、以下のようになります。

特殊な派生音

これらは、幹音から派生した音であるにもかかわらず、変化記号によって上下した後も、もともとが幹音である音と一致しているのです。

たとえば、1つ目の音は、幹音であるミに♯がついて、もともと幹音であるファの音と一致しています。しかしながら、この音はあくまでもミ♯であり、楽譜の解釈上はファと区別されます。

同様に、2つ目の音は、幹音であるドに♭がついて、もともと幹音であるシの音と一致していますが、あくまでもド♭であり、単純なシとは区別して扱われます。

このような事態が生じる理由としては、1オクターブを12等分したものが楽音であるにもかかわらず、それらが鍵盤上や楽譜上で全く同じ秩序で配列されていないことが挙げられます。

たとえば、レ♯からミと、ミからファの距離は同じであるにもかかわらず、楽譜上で並べると以下のように表記されます。

変化記号の配列画像これらはそれぞれ半音の関係にあり、レ♯とミ、ミとファの音の距離は同じです。それにもかかわらず、記譜のルールや鍵盤の配列などから、同じ距離であっても変化記号がついたりつかなかったりするのです。

そのため、派生音であってもそれが黒鍵の位置であったり、白鍵の位置(=もともとが幹音である位置)であったりするのです。

このような音楽の変化記号に関する特殊性をふまえた上で、ミ♯などの派生音はあくまでも派生音であって、ファなどの幹音とは区別されるべきものであるということは、音楽をする上でおさえておきましょう。

【本記事は参考になりましたか?】

少しでもお役に立てたのであれば、気軽にシェアしていただけるとうれしいです♪