未分類

臨時記号とは|臨時記号(音楽用語)の意味、♯・♭・♮

臨時記号のイメージ画像

【 臨時記号 】

「臨時記号」とは、五線上の幹音(五線の各線もしくは各間が表す高さの音)の音の高さを上下させる記号である変化記号のうち、旋律にアクセントや変化をつけために特定の箇所の音に一時的につく記号のことである。

具体的な記号としては、♯・♯♯・♭・♭♭・♮などを指す。

同じ変化記号でも、楽曲や楽章といった音楽的なまとまりの調に継続して現れる変化記号を楽譜の冒頭であらかじめ示しておく「調号」とは区別される。

「臨時記号」は、一時的に音の高さを上下させる記号です。臨時記号は「変化記号」の一種ですが、調性に従って継続的に音の高さを上下させる「調号」とは異なる機能を持ちます。

「変化記号」や、「調号」との違いについては、以下の記事もあわせてご参照ください。

変化記号のイメージ画像
変化記号とは|調号と臨時記号の違いや♯・♭・♮などの意味 【 変化記号 】 変化記号とは、五線上の幹音(五線の各線もしくは各間が表す高さの音)の高さを上げたり下げたりすることを表す...

【本記事は参考になりましたか?】

少しでもお役に立てたのであれば、気軽にシェアしていただけるとうれしいです♪